自滅する社長

テレクラのアルバイトをしていると、いちばん多い役職は社長さんなんです。
わたしは比較的昼間に入ることが多いから、時間が自由になるという点では、 社長が多いのは頷けます。
それに敢えて役職を明かすのに、社長でもなければなかなか言うものではありません。
でも、それにしても社長が多い・・・(汗)
こんなにテレクラに電話する社長が多いなら、日本は相当ヤバいです。って、 実際円高でヤバいか(^_^;)
とにかく、仕事の話になった場合、5人に1人は社長っていいます。 テレフォンレディを始めたばかりの頃は、セレブとの出会いの宝庫や~ ってテンションあがってたけど、実際そんなにウマい話はないですよね(笑)

中でも印象的だったのは、服飾デザイン社長のAさん。
なんでも年齢は35歳で年収は2000万円オーバーとか。それなら銀座のクラブでもいけばイイものを。。と突っ込みをいれたら、テレクラの場末感が好きだとのこと。・・・失礼しちゃうね(笑)
語り口は嫌味がなくて、ブランドについてもかなり詳しかったので、 ひょっとしてめっけモノ?なんて思いながらトークしていました。
恋愛トークでは、モテて女性には苦労しないと言っていたので、武勇伝をおねだりしたら、 クリスマスはパンツが乾くヒマもないくらい何件もかけもちだったそうです。
結婚については、お金目当てでくるのと、仕事が忙しいのが理由で独身だそうです。 ま~、35歳男性なら全然ある話ですね。
そんなかんじで色々と話し込んでいくなかで、 「仕事は順調なの?」って聞くと、「ちょっと伸び悩んでる。大きく展開したいんだよね。」
わたし:「そんな時もあるんじゃない?」
社長:「資金さえあれば、店舗増やせるんだけど」
わたし:「融資してもらったら?」
社長:「投資しない?」
わたし:「・・・」
こういう展開になるとヤバいですね。もうドン引き。ちょっと私のS心に火がつきました。

テレフォンレディをするにあたって、年齢と干支が書かれた表をもらいます。
これはなんの為にあるかというと、 お客さんがこちらのウソを見抜くために年齢と干支を確認してくる時の対策なのです。
年齢指定のコールがあり、実際に対応できる人がいない場合、 テレフォンレディは年齢を偽らざるをえません。
それに対して、お客さんの立場では、
本物女性と出会いたい ⇒ テレフォンレディの相手は御免 ⇒ ウソの確認という発想があります。
そこで干支表が使われるのです。
なので、滅多にあることではありませんが、 逆にテレレがお客さんに聞いてウソを見抜く場合もあるのです。
今回は社長さんにわたしが罠を仕掛けました。
そして、見事社長はひっかかったのです。

それからの動揺は目も当てられないくらい情けないものでした。
そして、最終的にはいま仕事はやっていないからお金を貸してくれとまでいいました。
テレクラのバイトで自称社長の次に多いのは、ニートです。
ニートにしても自称なので、どこまで本当かわかりませんが。。。
そんな魑魅魍魎でブラフが飛び交う魔都のようなテレフォンレディのアルバイトって、私はなんだか好きです( ´∀`)

>>素人でも月30万以上稼ぎ続ける秘密

タグ

このページの先頭へ