泣ける常連

テレフォンレディをしているといろいろなお客さんに出会います。
最近、いちばん心に残ったのは、Aさんという53歳で独身の男性です。
なんでも、彼はこれまでに10個以上の仕事を転々としてきて、現在は日雇いで道路の交通整理が多いとのこと。

話ぶりは穏やかで、いやな感じはなかったのですが、稀に興奮し始めると大声を出すのが怖かったです。
会話の内容は基本的にスポーツで、特に野球好きでひいきのチームが勝つと嬉々として話していました。
わたしは父が野球好きだったので、うまく話題を合わせることができて、気にいってもらいました。
それからちょくちょくボイスで私を指名してくれるようになりました。

いつものようにお話をしているなかで、つい「結婚はしないんですか?」と聞いたら、
物凄い興奮をし始めて、私のことを罵って電話を切られました。
その時は、理不尽なことでアタマにきたのですが、稀にあることなので、気にしないようにして待機をしていたら、
その彼から再度指名を受けました。

どうも、自制できなかったことを反省したらしく、謝っていました。
私はコールがくれば何であってもお話しするタイプなので、そのまま話し出すと、彼は自分のことを話し始めました。

彼は彼女がいて、彼にベタ惚れしていると言いました。
しばらく、ほのぼのとした気分で話を聞いていたのですが、彼女はキャバ嬢というところから雲行きが怪しくなりました。
平たくいえば、キャバクラのバーチャル恋愛にハマっているだけでした。それを真剣に話すので、突っ込めずそのまま聞き流していました。

それから、毎回彼女(ということにしている)の話を聞くのが常になりました。
最初は聞いていられたのですが、余りにも無邪気に話すので、だんだん悲しい気持になって、胃が痛い思いをした記憶があります。
それでも、お仕事と思って聞いていたのですが、ある時彼女が入院した話に関してはどうにも居たたまれなくなりました。
なんでも入院した病院へ行って、部屋は教えてもらえず、弟と言われる人に入院費を渡して帰ってきたというのです。
思わず「それ騙されてるよ」と出かけましたが、黙って最後まで聞きました。

よくよく話を聞くと、何度もそんなことをされていて、心のどこかでは、彼も疑念はあるように感じました。
それでも、話ができるのが嬉しくてバーチャルな世界に身を任せているようでした。
いつか彼も気付くと思い放っておいたのですが、ある日思わず私が「本当の彼女作りなよ」と言ってしまい。さんざん罵倒され、それからはしばらく指名がなくなりました。
その後、ごくたまに指名しているのに5分でも10分でも沈黙しているパターンになりました。なんか悲しいです。

タグ

エッチなトーク

エッチなトークって楽しいですよね。
ただ、何でもかんでもエッチなことを話していればいいというわけではありません。
エッチなトークにもワビサビが必要です。
恥じらいを持ったエロトークこそが最強の会話のコツなのです(笑)

なんとなく言わんとすることは分かるけど、実際ワビサビのあるエッチな話ってどういうモノ?
って突っ込みが入りますね。ちょっと調べてみましょう。

わび・さび(侘・寂)は、日本の美意識の1つ。 一般的に、質素で静かなものを指す。本来侘(わび)と寂(さび)は別の概念であるが、現代ではひとまとめにされて語られることが多い。
~wikiより引用~
う~ん、なんだかエロトークとは対極にありそうですね。
でも、だからこそ大事ではないでしょうか?
お笑いでは落差がポイントだと言われます。同じようにエロでも、落差があるほどエロさは増すと思われます。

というわけで、落差について考えます。
ありえない角度からエロトークに発展という落差もありますが、
ノーマルに考えて、清楚で言いそうにない子がエッチなことを言うのが効果的ではないでしょうか?

論理的に考えると、上記にあげた『清楚で言いそうにない』の部分、つまり前フリの演出に力を入れれば良いといえるでしょう。
具体的にテレフォンレディの方のやるべきことは、自分の自己紹介の設定に清楚な部分を組み込みましょう。
例えば、仕事を説明する場合、単に『OL』というよりは、『商社の広報部』といった方が前フリ効果は高いでしょう。
これを応用してエッチなトークを盛り上げちゃいましょう♪

>>有効に時間を使って、月50万を余裕で稼ぐ方法!!

タグ

2011年9月23日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:会話のコツ

で、テレフォンレディは何をすればイイの?

テレフォンレディは、男性からのコールに対してお話のお相手をします。
基本的にはテレフォンオペレーターやテレアポのアルバイトと大差はありません。
異なるのは、男性の目的が交際にフォーカスされている点です。
なので、男性に合わないといけないとか、何時間話さないといけないといった縛りは通常ありません。

仕事をするうえで気をつけないといけないことは、
お仕事の前のインフォメーションで教えてもらえるので、
それに従えば問題ありません。

代表的なお約束は、
アルバイトと明かさない 待ち合わせのすっぽかしをしない 相手をディスらない などです。
特に、注意されるのが、すっぽかしです。
強引に待ち合わせに持ち込むお客さんもいるので、
流されて約束しがちですが、
これを繰り返すとお店の信用がなくなるので、
すっぽかしは非常に強く禁じられます。
アルバイトする以上は、お店のルールに従いましょう。

それ以外では、待機中は何をしていても構いませんし、
転送待ちであれば、家で何をしていても大丈夫です!
有効に時間を使って賢く稼ぎましょう!

>>有効に時間を使って、月50万を余裕で稼ぐ方法!!

タグ

テレオペが副業にピッタリな理由

副業の条件は何でしょう?
時間にとらわれない 本業の邪魔にならない 働いた分成果になる といったところでしょうか。 この中で一番ネックになるのは、時間にとらわれないではないでしょうか?

たいていの仕事は、勤務時間が決まっています。
その点、テレフォンレディは、時間的な拘束がありません。
しかも、転送ならば場所も選ばないので、本業の邪魔になることもありません。
さらにお話しした分は確実にお給料として戻ってくるので、
働き損ということがありません。

また、通常の仕事であれば、器機の操作方法を覚えたり、PCスキルが必要になりますが、 テレオペは特殊な技術は必要なわけではないので、
慣れるまでに時間がかかるとか、働くための勉強も必要ありません。
極端にいえば、登録したその日から高収入をGETするチャンスがあるのです。

こういった点から、テレフォンレディ(テレオペ)は副業をするのにピッタリな職種といえます。
在宅ワークや内職はとかくアルバイト代を叩かれがちですが、テレフォンレディーはむしろ、高額バイトの部類に入るものです。
副業でがっつり稼ぎたいと思っている方は是非、ご一考ください。

>>有効に時間を使って、月50万を余裕で稼ぐ方法!!

タグ

このページの先頭へ